閉じる
閉じる

ウール混ニットの手洗いの方法

12/1

ウール混のニットで手洗いが必要な理由
ウールは濡れた状態で揉まれると縮みます。一般的な毛の繊維の特性として、水に濡れるとうろこ状の表面が開きます。その状態で揉まれると、開いたうろこが絡み合いギュっと縮みます。この状態はフェルト化といい、ウール繊維の大きな特徴です。洗濯機は通常、機械を回転させ洗濯物をたくさん動かすことで、揉み洗いをしています。また、脱水も強い振動と回転数で繊維にかなりの揉み・摩擦作用が加わります。そのため、洗濯機を使用したお洗濯ではなく、手洗いをしなければならないのです。



以下の表示がついているニットはご家庭で手洗いすることができます。



商品についている絵表示は、お洗濯方法で最大限にできる洗い方を表示しています。絵表示よりも、洋服に負荷をかけるような洗い方をしますと縮みや風合い変化の原因となります。必ず絵表示に従ってお洗濯してください。

以下のポイントを抑えることで、ニットを永くもたせることができます。


*畳む*
ニットを軽く畳みます。畳むことで洗濯シワを軽減します。

*ネットに入れる*
畳んだ状態で洗濯用ネットに入れます。洗濯ネット1枚につきニット1枚を入れます。畳んだ大きさに対し小さくなく大きすぎない適度なサイズのネットに入れましょう。ネットに入れることで他のものとの摩擦を軽減します。

*洗剤を選ぶ*
・「おしゃれ着用洗剤使用」と記載しています。ウール混の商品を水洗いする場合は必ず中性洗剤を使います。洗剤の表示に「中性」と書かれた洗剤です。
・中性洗剤以外の洗剤は繊維を傷める原因となります。また漂白剤も厳禁です。


*絞り*
雑巾のように強く絞ると型崩れや、繊維を傷める原因となります。 軽くしぼり、余分な水分はタオルでふき取りましょう。洗濯機を使って脱水を行う場合は、1分程度回して下さい。 洗濯機の脱水も強い遠心力と振動が加わり、縮みの原因になりますので、短時間で行います。

*干す*
洗濯が終わったら速やかに干しましょう。洗濯後の放置は縮みや風合い変化の原因となります。洗濯後は、形を整え平干ししましょう。吊るしますと、縦伸びしたり、ダレたり型崩れを起こします。日の当たる場所で干すのは色褪せの原因となりますので、日陰に干しましょう。

*アイロンがけ*
ニットは弾力性があるため、しっかりアイロンは不要です。特に目立ったシワや、縫われた部分の波うち等にはアイロンやスチーマーで形を整えましょう。素材により適正な温度があります。各商品の縫込み絵表示を確認し、適正な温度でアイロンがけをしましょう。アイロンは当て布をして行います。ハンカチの様な生地表面に凹凸のない白い布を使用し、その上からアイロンがけを行いましょう。あて布をすることで、生地の風合い変化、表面変化を防ぎます。

*手洗い*
桶に40度以下のぬるま湯を溜め、中性洗剤を溶かします(洗剤は決められた量を守りましょう)。ニットを折りたたみ、ぬるま湯に浸します。手でゆっくり20回くらい押し洗いしましょう。この時、型崩れや繊維を傷めないようにもみ洗いはしません。つけ置き洗いもしません。脱水は手で軽く絞り、絞りきれない場合はタオルで挟み、押して水分を抜きます。手で強くねじり絞りは型崩れや生地を傷めますのでやめましょう。洗濯機の脱水機を使用する場合は、ネットに入れて短時間(約1分程度)脱水してください。洗濯機を使用した脱水は、衣類にとても負荷がかかります。多少脱水が足りてないように感じることもございますが、短時間脱水は手洗いのポイントですので、脱水を延長したり硬く絞ったりはしないようにしましょう。

*保管*
ハンガーは型崩れの原因となりますので、必ず畳んで保管します。衣替え等、長期の保管前には必ずお洗濯またはクリーニングしてから保管しましょう。汚れの放置は、変色や臭いの発生の原因となります。清潔な状態を保つことも長くご着用いただく秘訣です。

お取扱いの際は、必ず商品についている洗濯表示を確認してから行いましょう。


最近チェックしたアイテム

最近カートに追加したアイテム

PAGE TOP